ページ

2007年10月28日日曜日

続)硬っ!(16日後)

前屈、手が下に届くまであと2cm!
ただし、風呂あがり参考記録とします。 
以下、参考記録誕生まで。 

台風 東海上へ遠ざかる見込み 

今回の台風は接近まで全く気づかなかった、、、 
食料の買い物に出るタイミングをなくし、寝ながら台風一過を待つ 
夕方から3時間も寝てしまったが、まだ雨風が激しい状況。 

結局、夕食は家にあったパスタで済ませた。 
「行列が出来るお店のなんたら(レトルトのパスタソース)」が、ひき肉たっぷりチーズたっぷりで美味しい

夕方から3時間も熟睡し、もう眠くないと思っていたが先ほど風呂で熟睡
気づいたらふやけてました。 
これはチャンスと思って前屈してみたときの図。 
フォト 

また寝ます。

2007年10月25日木曜日

続)硬っ!(13日後)


10月12日の(体のかたさへの)気づきから、13日が経過。 
とりあえず寝る前に前屈と開脚をやって(試みて)みていますが、 
特に変化は見られず。 

ただ、昔からすごく苦手だった前屈時の足の後ろ側の痛みが、 
ちょっと心地よく感じられるようになってきました
一歩前進

2007年10月18日木曜日

古武術サッカーメモ(動き出し&キック)

動き出し 
前後、左右に動き出す時に、地面を足で蹴って動き出すよりも、 
膝を抜いて重力にひかれるように動き出すと楽。 

キック 
うちのチームの若きエースに強いキックのけり方を教えてもらった。 
一言で言えば2軸キック。 
ボールを蹴るというより、そのまま走り抜けるように蹴るといいらしい。 
結果的に蹴った足で着地する感じ。 
そういえばさっき見た日本vsエジプト戦で大久保が決めたシュートは、 
見事な2軸キックだったなー。 

今は北京5輪の最終予選を観戦中
ガンバレにっぽん!! 
寝不足確定。 
ガンバレわし

2007年10月12日金曜日

硬っ!


身体が硬い。 
特に最近は前屈(長座から)と開脚が情けないほど出来ない。 

前屈は、足を投げ出して座った状態で、すでに腰にキている。 
この状態で背筋を伸ばそうとするとかなり腰が痛い。 
痛くないように伸ばすと後ろに傾いてしまう
開脚はイメージ図のようなあり様。 

あまりに硬い事に気がついたのでちょっとずつ柔らかくします。 
と宣言してみる。 
目指せ(いつの日か)180度。 

2007年10月8日月曜日

古武術サッカー(”逆手抜飛刀打”)

なんだかすごいタイトル
日曜日のフットサルでいい動きが出たので忘れないように日記に書きます

相手に背を向けた状態から、ボールを引いて前へターンする動作
後ろについていたDFよりも1歩前に出た状態で前を向くこと(&ゴール)が出来た。 

たしかこんな感じだったと思う。 
1.膝を抜くのと同時に尻餅をつくような動きで後ろへ体重を移動する。 
2.1の動きに合せてボールを引きながら身体を反転させる。 
3.引いた足をターンの着地に使い、反対の足でシュート(orタッチ)。 

この尻餅をつく動きは、古武術で有名な甲野氏の”逆手抜飛刀打(さかてぬきひとううち)”がヒント。 
周りから見ても意外で、(私にしては?)速い動きだったらしく、 
「今のは良かった。」と言われたので、これは使えそう


【甲野氏に興味ある人】 
YouTubeで動画発見
”逆手抜飛刀打(さかてぬきひとううち)” 2分たったあたりで出ます。 

http://www.youtube.com/watch?v=AwY4lN24Vfk

こちらの方がゆっくりたっぷり見れます。 



2007年10月1日月曜日

身体革命(古武術介護)

先日、会社の昼休みに上司がいきなりナンバ歩きをやりだした。 
なんでも「笑っていいとも」で古武術の技術を利用した介護術を見て影響を受けたらしい(わしは見逃した)。 
その動きがかなり怪しかったので「階段を上る時だけにして下さい。」(※1)と即刻止めてもらいました。

古武術の技術が多分野で応用される事は素晴らしいと思う反面、 
知る人ぞ知る神秘的な存在のままであって欲しいとも思う。 
古武術の紹介のされ方にブーム的な予兆を感じる今日この頃。 
最近では写真のようなお手軽な本も出てるし(面白いから買ったけど)。 

※1 階段を上る時、同側の手足を出すようにすると本当に楽。お試しあれ。