ページ

2015年8月20日木曜日

円の崩し

恵比寿でおこなわれた甲野先生の稽古会に参加した。
ここは講習会というよりも、稽古会と呼ぶにふさわしい環境だ。


特徴のある稽古人が何人も参加している。
実際、関東圏内では、うまく技がかからない甲野先生を見るチャンスが一番多い稽古会だろう。


この日も癖のある人が参加していた。
関節技が効かない人、足が軽く技を受け流す人、剣術で反応がよい人、全てサッカーの動きで対応する人。
先生がそれにたいしてどのように対応するのかを見るのも稽古のうちだ。




円の崩し
圏内圏外とか、国境沿いに動くと言われていたもの。
今の感覚は円。それも大きな円である方が相手にとって抵抗しにくい動きになる。


まわりの方と試してみたが、押したり引いたりは駄目で、分かりやすい目安を置くとすると、
肘から手首向かって骨と同じ向きに動き始めて、押さず引かず無理なく動くと結果として大きな円になるようだった。

ここはまわりの方との稽古も面白い。
継続して参加されていて、ここでしか会わない方など、お互いの進展度合いを報告しあうこともできる。


前回恵比寿で稽古したときに一緒に稽古した方たちが、『太刀奪り』がきれいになっていたり、
『浮木の腿』を練習してきてかなりの確率でできるようになっていたりしていて、これは私にとっても刺激になる。


この稽古環境を活かして私も上達していきたい。

0 件のコメント: