ページ

2018年4月5日木曜日

恵比寿動作術「接触の技法」


接触の技法

触ると相手が動くのでついていく。
均衡を保つとも言えるし、謙譲の美徳でも説明できる。

やり方の説明は簡単。触ると相手が動き出すので接触面の圧が変わらないようについていく。
この効果を得るには姿勢を整えておく必要がある。
足裏のMP関節の上に重心をのせ、フラット接地で立つ。


以前に比べるとかなり触れたまま待てるようになっている。

0 件のコメント: