ページ

2015年4月5日日曜日

松聲館の歴史講座『手の内』『雀足』

中井佑樹先生のBJJ後の打ち上げに後ろ髪を引かれたが、中島先生による松聲館の歴史講座。
稽古に行って後悔したことは無い。

ほぼ手の内シリーズの紹介だったが、最後にやった『雀足(じゃんそく)』の稽古で、重心移動で崩す感覚が急にはっきりとしてきた。

体は力を伝えるための道具。
余計なことはしないで、力の通り道を作ることに専念するということ。
力とは重心の移動のこと。
今日ははっきりと認識することが出来た。

相手に触れた状態で『雀足』による移動を行う。このとき、触れている場所は何もせずそのままになるように脱力しておく。
すると移動したとたん、相手が崩れ始めるのでそれについていく。
感触がないまま相手が動く。
この感覚は大事にしたい。

0 件のコメント: