ページ

2019年7月18日木曜日

廣末高明先生「合気訓練会」

前々から参加したかった廣末高明先生の合気訓練会にようやく参加できました!

廣末先生は以前私の空気投げ研究稽古会に参加していただいて、初めてお会いしたのをきっかけに廣末先生の稽古会にお誘いいただいていました。
長い期間待ったかいがあって、一時間と短い時間ながら大変勉強になる練習が出来ました。
一緒に参加されたMさんにも感覚のフィードバックをいただきながら、体に感覚を刻み込む集中した稽古。
参加できて良かったです。

廣末先生の稽古会は、集中しながらも楽しく取り組めて、効果を実感できて、相手に合わせてわかりやすく説明してくれます。
技が強力なのに人当たりは柔らかく、稽古後のおしゃべりでも面白い話がたくさん出てくるので興味を持った方は是非一度会ってみてください!
おすすめです。

ならったことメモ
・上半身の重心位置
・相手との接触面(圧)を感じること
・接触面(圧)は他の場所に移せること
・立ち姿勢(合気がかかる姿勢)の確認方法
・立ち姿勢で相手に触れる
・立ち姿勢で相手を転がす
・立ち姿勢のまま歩く
・立ち姿勢のまま拳を打つ
・立ち姿勢のまま蹴りを放つ
・立ち姿勢のまま回転して相手を巻き付け崩す
・立ち姿勢のまま大外刈
・立ち姿勢のまま空気投げ
・達磨落としの崩し(頭)
・達磨落としの崩し(上半身)
・向かってくる相手に達磨落とし
・相手に向かっていって達磨落とし
・日常での1人稽古
・プールでの1人稽古


2019年7月14日日曜日

柔道練習187回目『三船十段の肩車』(動画あり(わたしのです))

柔道練習終了。
打ち込み投げ込み練習を多目に。
Rさんが左技の練習をし始めたので私も左技を練習。
物凄い違和感だが体に無理なく動くと右よりも綺麗に投げられるので新鮮。
続けよう。

Rさんも私もお互いに乱取りで技がかかりにくくなってきた。
しばらくは乱取り練習の比重を下げて打ち込み投げ込みで技の精度をあげていこう。

三船十段の空気投げ研究。
三船十段は2つのタイプの空気投げを使っているようだ。
1つは体落に近く、もう1つは背負い投げに近い。
押し込んでかける場合は後者がやりやすい。

白髪の三船十段の乱取り動画で見られるのが背負い投げタイプの空気投げだ。
DVDに収録した黒髪の三船十段は体落タイプの空気投げ。
もちろんどちらも空気投げだが仕組みの違いに気づいてみると応用の幅がひろがってくる。

後者の空気投げは三船十段の背負い投げはもちろん、肩車でも見られる。
背負い投げタイプの空気投げがわかると三船十段の肩車への理解が深まる。


背負い投げタイプの空気投げから三船十段の肩車への応用に気づいた直後の動画です。



背負い投げタイプの空気投げ。
投げに入るまでが雑なのは投げの位置取りを確認しているためです(言い訳)。


2019年7月7日日曜日

柔道練習186回目『空気投げ新解釈』(動画あり)

柔道練習終了。
首が寝違えたような怪しい感じがあったので軽めの練習。
恵比寿で駒井さんと確認した飛ぶ空気投げの検証。
Rさんがフワッととんだ。
Aさんは下に潰れながら転がる。
三船十段の乱取り動画をみながら空気投げの完コピを目指す。
Rさんにもみてもらって新たな仮説が生まれた。
実際に試してみると何とも軽く投げられるではないか!このやり方も検証を続けたい。
またやることが増えてしまった(笑)


それにしても投げる練習を受け手に気兼ねなく出来るし、こちらも思う存分受けられる。
投げ込みマット最高!

空気投げ研究。
三船十段が左組で空気投げをかける理由も明確になってきた。
左組の方が空気投げがかけやすいし、かけられる方も投げられやすい。
ポイントは右技なら右手を引き手にすること。
左手は釣り手でも構わない。
三船十段が残した空気投げの手順『両袖を順に持ち』は右引き手がポイントだった。
しかし組み方は固定ではない。
大柄な相手に対する大車では両釣り手で入っている。
相手により組み方を変え、効果的な技を施す。