ページ

2016年4月6日水曜日

松聲館の技法レポート『パンチを手のひらで跳ね返す』

夜間飛行から出ている甲野先生のメルマガ動画撮影に松聲館に行ってきた。


またしても驚かされて帰ってきた。

柔道の組み手争いで、奥襟を取りにいったら吸い込まれて潰された。
パンチを手のひらに打ち込むと跳ね返された。
『上四方固め』で押さえ込んだら、頭がワインのコルク詮になったような気分にされる返し方を受けた。知らなかったら意外と簡単にやられてしまうかも知れない。


柔道家でもあるKさんも参加されて一緒に練習した。
始めから拳の先端に相手の手のひらを付けておき、相手が動いたと思ったらいなす条件での『払えない突き』を練習した。
かなり難しい条件だがKさんの受けの感覚に導かれて試しているとKさんが後ろに下がるようになってきた。
これは相手の頭の後ろに異次元空間への割れ目ができてそこに向かって吸い込まれるような感覚に襲われて動くと発動する。
・・・らしいです。
技を受けた感触は『謙譲の美徳』で吹っ飛ばされるときの感覚ににている。吸い込まれないようにしつつ吸い込まれるつもりで『謙譲の美徳』をかけると、先生の技に近い感触になってくるようだった。
これが柔道の乱取りで出てきたら面白い。



前回腰のせいで受けなかった『雪庇落し』を受けたところ予想通り跳んだ。
これは強烈な『空気投げ』だ。



帰り際に甲野先生にはまたしても『払いの太刀』をやっていただいて、来たときよりも軽い腰で帰ることができた。
あれもこれも驚かさせることばかり。

0 件のコメント: