ページ

2014年1月16日木曜日

松聲館技法レポート(最新技速報)

甲野先生のメルマガ動画撮影の為、稽古をする機会があった。

『浪之下
クラックで崩壊したものが、映画のフィルム逆再生のように『元に戻る』という、『内観
元に戻るときにちょっとだけ動くと相手が大きく崩れる。
特に面白いのは、出来るだけフワッと構えておいてキュッと止めるつもりの受け。
自分でキュッと止めた力で大きく崩れる。

『払えない突き』
前側の足を内抜き、後ろ側の足を遅れずに前に出すようにする。
そこに『クラック』『元に戻る』で動く。
「これが相手にとってわかりづらいのは、全体が一度に動くから。」だとのこと。

剣術
『流星』
『霞抜』
『影抜』
全て速い。重い。

どのような動きなのかは夜間飛行から発行されている甲野先生のメルマガで紹介されると思います。
これから開催される各地のセミナーでも説明があると思いますので、この機会に参加されてみてはいかがでしょうか。

甲野先生のセミナー予定はこちら
夜間飛行のメルマガはこちら

0 件のコメント: