ページ

2014年11月28日金曜日

長男誕生と『人生の税金』

小さな命に触れていると、偉大な存在との繋がりを感じる。
実際、生まれてくるまでに、周りとの繋がりを感じる誕生だった。

今回、妻の妊娠には心配事があった。
医者が診るところによると妻の妊娠中の症状は、早産や出産時の出血多量などの恐れがあったからだ。

自然に良くなることもあるらしいが、それまでは薬を飲んで、あまり動きすぎないようにするくらいしか対処方法がなく、運を天にまかせるしかなかった。

そんな中、私が一週間後に試合を控えた柔道の練習で膝を負傷した。
骨折も大きな病気の経験もない私にとっては、全治2ヶ月以上というのは初めての大ケガがと言っていい怪我だった。
なんの繋がりもない事のはずだが、怪我をしたことで何故か、
(これで出産は大丈夫かもしれない。)
と感じていた。
しばらく稽古できない残念さよりも、この感覚が強かったというのは、不思議だった。
これには甲野先生から聞いた『人生の税金』という考え方が大きく影響しているのは明らかだ。私の怪我で税金を納めることで、その後の出産がうまくいくような、繋がりを感じたのだ。
自分が『人生の税金』の感覚を持つとは意外だった。
実際、妻の状態はそれ以上、悪化することなく経過していった。

さらに太鼓判をおされる出来事があり、私の感覚は確信に近いものに変わった。
甲野先生のメルマガ動画撮影の時に、妻が出産を控えていて動画撮影のスケジュールがとれなくなるなりそうだと甲野先生に伝えたときの事だ。
甲野先生が「それはおめでとうございます。次は男の子ですね。」と発言されたのだ。
今回、妊娠のことを周辺にほとんど伝えていなかった。この時点では子供の性別に関しては親くらいにしか話していなかった(超音波検診で、おそらく男の子、と言われていただけだったので)ので、甲野先生が断言するように「男の子ですね。」と言われたのには驚いた。
確率的には二分の一なので当たることは珍しくないが、何となく予想されるのと断言されるのでは大違いだ。
当てずっぽうに断言して外したらカッチョ悪いし(笑)
これを聞いたとき、驚いたのもあったが、同時に(あぁ、間違いなくうまれてくるんだな。良かった。)と思えたのだ。

実際その通り元気に生まれてきてくれて、妻も心配していたような事にはならなかった。

付け加えて甲野先生がうちのこの将来に関して予言したのだけれど、これは公開しないで将来の楽しみにとっておこうと思う。


0 件のコメント: