ページ

2015年2月28日土曜日

生後100日の発見

生後100日になる息子のお宮参りに行ってきた。
声をかけてくれる人に毎回にっこりと微笑み返す、ずいぶん愛想のよい子だ。
御祈祷が始まる前も両家の祖父母に愛想を振りまいていたが、祈祷が始まるというタイミングから、祈祷が終わるまで泣いていた。
娘のお宮参りは、もっと激しく泣いていたので、それよりはましだったが、うちの子らは祈祷されると泣くらしい。

祈祷とその後の食事会も無事に終えて帰ってくると、なれない行事で我々親も疲れてしまった。
主役だった息子も、今日は疲れて眠いだろうと、ミルクをあげて、布団にのせて部屋の照明を落とすという、いつもなら100%寝る環境を整えたが、寝かしつけているママから「ちょっと来て。何か目がキラキラして、ずっと何かしゃべってて、寝る気配がない。」と声がかかった。

寝室にいくと、確かに寝る気配がない。
ずーっとニコニコしながら、何かをしゃべっている。
私も眠かったが、機嫌が良さそうなので、話しかけたりして遊びながら、何がそんなに嬉しいのかと息子を観察していた。

こちらを見てニコニコしながら声を発している。機嫌がよいどころか、とても嬉しそうだ。
私にはその様子が何か大きな発見あって、その喜びを伝えたがっているように思えて仕方がなかった。

本当のことは本人に聞かないとわからないが、息子の喜び方が、稽古をしていて大きな発見があったときと感じが似ていた。
大人でも赤ちゃんでも発見の喜びは同じらしい。

自分に話しかけられていることや、話しかけられている言葉に自分の名前がある事がわかったように思えてのだが、果たしてどうだろうか。
もう少し大きくなったら聞いてみたら面白そうだ。

0 件のコメント: