ページ

2015年3月17日火曜日

三船久蔵十段『空気投げ』動画

『空気投げ』の動画をあらためて見直してみよう。
柔道稽古が進んだ自分の目に、三船久蔵十段の『空気投げ』はどう映るのか。

投げの瞬間、相手の上半身と下半身をバラバラにしている。

技の原理がこれまでとは違った角度で見えてくるから面白い。

自分は居着かず、相手を居つかせる。 
自分は捻らず、相手を捻る。

狙う瞬間は、相手が動きのコントロールを失う、重心移動の一瞬。

結果として、相手の足下はそのままにして、頭のてっぺんから崩す。
相手は上体の動きに足下がついていけない。足がきかないので宙に舞う。

頭のてっぺんを意識して崩すとき、単に下方向に引き下げるのではない体捌きが必要だ。これは確かめないとわからない。

この感覚は新しい発見の前に起きるむず痒い感覚だ。
早く検証したい。

また別の妄想だが、『人間手鞠』で『背負投げ』をやれたら面白そうだ。




0 件のコメント: