ページ

2015年7月17日金曜日

膝が爪先よりも前に出ないことと、出ること。

私が取り組んでいる構造動作トレーニングでも脛を真っ直ぐにすることについて取り組んでいるが、膝を爪先の前に出してはいけないとは言われない。
一方、中国武術や先日学んだKDS空手では膝が爪先よりも前に出てはいけないと言う。


両者は矛盾するように思えるかもしれないが、そうではないというのが私の考えだ。

膝を真っ直ぐにすることと、何のために膝を曲げるのかを考えれば見た目に矛盾するものが、本質的には矛盾しないとわかる。
これを体感で確かめるには構造動作トレーニングで言う、「深部感覚」を鍛える必要があるが、言葉だけでいえば力のかかる方向に向かってみた時に膝が爪先よりも前に出ないという事だ。

※上記内容は私の実感です。
 構造動作トレーニングの中村先生に確認をとったものではありません。

0 件のコメント: