ページ

2015年9月4日金曜日

丈夫と固まるの違い

Oさん主宰の恵比寿稽古会に参加した。


Sさんの剣術稽古の受けで、剣を通して相手を崩す稽古をやったところ、私がなかなか崩れない。
私の感覚では、繋がりを保ったままほぼ真下に崩す形だとぶつからずに崩れそうだった。
何度か試しているとそれっぽくなったり、ならなかったりしてきたので、この辺で終了。
座りの稽古では居付かないで立つ、座る練習した。


終了時間が過ぎたあと、Oさんに『足のヒョウ拳』の感触を受けてもらって稽古を続けた。
受けでは相手を受け付けない強さがあるが、仕掛けるときはそれが足かせになって、体が動きに参加しなくなってしまう落とし穴があるとわかった。
ちょっと稽古の順番も悪かったのだけれど、この課題が柔道大会前にはっきりと認識できたのは良かった。
この状態に頼ってしまうことがあったら、何も出来ずにただ耐えるだけのつまらない試合をするところだった。


何度も書いているが、稽古環境に恵まれている。ありがたいことだ。

0 件のコメント: