ページ

2015年9月8日火曜日

『全く別の展開へ』松聲館技法レポート(最新技速報)

甲野先生のメルマガ動画撮影で松聲館に行った。


人間鞠からの展開を整理した。
これからは全く別の方向に向かうという。

整理するだけのはずが、進展してしまう。
柔道技への返しが、ヒョウ拳の感覚で、鋭く速くなった。


また、以前と少し違っていたのは浪之下、波切、浪之上だ。
相手につかませることを不意打ちを受けるといっていたが、それを相手に近づけることで克服した。


これがヒントになって、私の浪之下が久しぶりに変化した。
相手十分に持たせた不意打ち状態から、平面ではなく、立体的に相手に近づくことでこちらの状態が良いところまで持っていって、そこから動くやり方だ。
Kさん十分に持たせた状態では甲野先生も苦労されていたので、この効果にはKさんも驚かれていた。


先生にこの発見を報告すると、やり方はすぐにわかったようだったが、先生がやるとまるで違う形と威力となって現れた。
体ごと思いきり振り飛ばされてしまう。


この日は甲野先生の『空気投げ』を教わることが出来た。
相手が襟・袖を掴みに来るところを、『糸吐きの手』で捉え、腕を捕まえてそのまま投げる。
甲野先生によれば、ポイントは”相手に十分に襟・袖を掴ませるつもりでいる。”だそうだ。
柔道の練習を積めば積むほど、抵抗感が増すやっかいな質の技だった(笑)


それにしても甲野先生は今後、”全く別の展開”になるという話をされていた。
これまでの延長線上にない方向に進む事になるらしいが、本人にもどうなるかはわからないという。
キーワードだけ伺った。
「時間」
だそうです。

0 件のコメント: