ページ

2015年10月20日火曜日

甲野善紀先生から合気道個人レッスン(?)

BULINK主催で毎月開催されている綾瀬にある東京武道館での甲野善紀先生の稽古会に参加した。

ここはスポーツや介護、日常動作に至るまで様々な興味を持った人がよく集まる。
この日はボートレーサーの方が質問されていたり、先日はゴルフプロがスイングについて質問していたりしていた。
何もやっていない人も興味があって参加されていて、楽しんでいる。
平日の夜だが講義だけではく動きをみたり体験したりしたい方にはおすすめの講座だ。
もちろん、体験せずに見ているだけでも良い。


私は夜間飛行のメルマガ動画撮影でお手伝いさせてもらっている関係で、同じグループであるBULINK主催の綾瀬ではスタッフとして参加している。
スタッフとして、なるべく積極的に参加者のかたに話しかけて、そのかたの興味に合わせて甲野先生の技の解説をするように心掛けているが、私は話が上手ではないし、話しかけてよいものかどうか判断がつかなくて迷うこともあって、本当は聞きたいと思っているかたに話しかけられていないかもしれないし、その逆もあるかもしれない。
結局、自分の直感で話しかけて、『辰巳返し』や『謙譲の美徳』、『浮木之腿』の説明をしながらシンプルな形で体感してもらうと概ね反応がよい。
特に『謙譲の美徳』は受けた感じもやった感じも、いわゆる普通のやり方と大きく変わるので面白がってもらえたようだった。


少しでも面白さを伝えられたら嬉しい限りだ。


途中、合気道の演武のような形で甲野先生の技を受けた。
合気道の経験者が受けているのを見たことはあったが、受けるだけででなく、私が先生を投げるのは初めてのことだった。
今まで受けた甲野先生の技の印象とはちょっと違う。
こちらの動きの邪魔をせず、かといって強力な力で従わせるわけでもない投げ。
「空気投げをやるというならこれは知らないとね。」
参加された皆様には(私にも)唐突な空気投げの話題だったが、つかの間、大変貴重な、甲野先生による合気道の個人レッスンを受けることができた。
この感覚は柔道技に繋げていきたい。


0 件のコメント: