ページ

2015年12月10日木曜日

構造動作トレーニング『肩・肘・手首・胸郭の深部感覚』

恵比寿での稽古。


東京武道館でお会いした方に中島先生の講座を紹介しているのだが、
その内の1人で消防士の方が参加されていた。
私は自分の稽古ばかりでご一緒出来なかったが、楽しまれていた様子だったので
紹介して良かった。

Sさんとの剣術稽古の後、中島先生から最新の構造動作トレーニングで紹介された
深部感覚トレーニングを教わった。

骨の真っ直ぐを感じるというシンプルな刺激を受けた体は、
その感覚を取り戻し、動き始める。

今回は腕に対するアプローチを行った。
肩・肘・手首・胸郭。
感覚があがると、腕が軽くなり、意識が通い始める。
自分の体の輪郭がはっきりと感じられるようになるのが面白い。

武術をやるのであれば、この感覚の延長上に道具の感覚がくるべきだろう。
やはり、体は動きの土台である。
少しもおろそかに出来ない。
また中村先生にもお会いして直接刺激をいただきたい。


稽古後は、中島先生、方条さんとともに食事へ。
稽古を始めたころからのご縁で、今でも貴重なアドバイスを頂き続けている。
お調子者の私が何とか調子に乗り過ぎずに稽古出来ているのは、
このお二方の力によるところが大きい。
ありがたいご縁です。


0 件のコメント: