ページ

2016年1月16日土曜日

バドミントンと膝

娘とバドミントンで遊んだ。
やってみて感じたのだが、体重が重い人は要注意だ。
膝にくる(笑)
健康のために体を動かして、それが原因で体を壊してたのでは笑えない。


遊びでやっていたから無理なく動くように意識できたが、それでもとっさの動きや届くか届かないかギリギリのラインになると無理な姿勢をとってしまう。

普段の練習から体に部分的な負荷のかかりにくい動きを身に付けていく必要があるだろう。
足裏の接地と膝の方向、もちろん股関節から折り畳む必要があるが、それだけでは不十分だ。
内外旋、内外転の可動域も求められる。
ハードルは高いがここに取り組めば段違いの動きになりそうだ。

0 件のコメント: