ページ

2016年3月9日水曜日

技と姿勢

メルマガ動画撮影で久しぶりにお会いしたIさんから、『姿勢がよくなりましたよね、動くときもそのまま動いている。』と言われた。 
以前会ったときのイメージと変わっていたのだろう、ごく最近だが、とくに意識して取り組んでいたので嬉しい感想だった。 

『人間鞠』で真っ直ぐ落ちて跳ね返る感覚をつかんだのも姿勢が変わったきっかけになっていそうだ。 
上からの圧力にたいして鞠のように弾むイメージがいま意識している姿勢にはある。 


Iさんには『空気投げ』も受けてもらった。 
技の入り方は以前と変わっていないが、三船十段が使っている『空気投げ』を仕掛ける際の魔法の動きを検証した。 
やはり間違いない。魔法を仕掛けるとIさんがこちらの思い通りに動いてくれた。 
相手によってうまくいかない場合は当然あると思うが、今のところ二人中、二人が魔法にかかった。 
魔法がかかれば『空気投げ』に入れる。 
入れるとなったら実際にかかる日もそう遠くないだろう。 

韓氏意拳の駒井さんとの、漢の約束を果たせる日が少し近づいた。 


松聲館の技法追加レポート 
最新の『空気投げ』を甲野先生に受けてもらったら、魔法をかける段階で『空気投げ』で返された。 
この返し技は『腹の微振動』によるもの。『収縮』は消えたが『微振動』は消えていない。 

0 件のコメント: