ページ

2016年7月28日木曜日

松聲館の今を稽古する『何気なく動く』

甲野先生の技が今までになく変わりつつある。

ただ自然に動く。

この感触がいままでと違うのは受ければわかる。
自然な動きに対しては、抗う反応が生まれないのだ。
何かがきたら抵抗しようと思って構えていると、完全に後手を踏んで大きく崩される。
自然相手では自分を保つことが重要だが、こちらはなかなか自分を保っていられない。


少し前まで『激流』と言っていたが、それを経てからの『自然』。
何気無く動くと言えば、その通りだが何気無くしようと思って意識して動くのと、本当に何気無く動くのとではまるで違うようだ。


今までは”工夫を重ねて”という側面が少なからずあったと思うが、
今回は本当に”何もしていない”ように感じる。

さて、こういうのが一番稽古が難しく、だからこそ面白い。

0 件のコメント: