ページ

2016年11月24日木曜日

松聲館の今を稽古する

恵比寿で開催された甲野先生のセミナー『松聲館の今を稽古する』に参加した。

『内腕』からの変化が継続中で、この日特に変わったのは先生の抜刀と納刀だった。
錯覚ではなく、今までになくスムーズに刀が動いていたように見えた。
納刀は自分でも信じきれないくらいの軽い感覚で切っ先が鞘の鯉口に飛んでくるのでまだ怖いくらいだという。

体術で面白かったのは、ジャンプしかけたタイミングで落下すると腰が自由になる瞬間があるが、そこで動くと相手が大きく崩れるというもの。
居着きやすい腰を解放させる方法として、とても有効だった。
腰が軽い感覚を身に付けておくと、自分が力んだときに気づけるようになりそうだ。

特に自分は腰が力みやすいのでこの感覚を刻みこんでおきたい。

0 件のコメント: