ページ

2017年12月27日水曜日

松聲館の技法レポート『影観法(えいかんほう)』

ツイッターより転記

甲野先生のメルマガ動画撮影終了。
人は左右対称ではないことを実感する動きの説明から始まって、
充分に組ませてもらった状態から空気投げをくらった。
腕を時計回りに動かすか、反時計回りに動かすかで大きく違う。

甲野先生から受けた『乱気流』と『影観法』と呼ばれる動き。
前者は舞い。後者は影武者の派手な気配に気をとられて、本物を見逃してしまう感覚。
気配がないのも厄介だが、影武者が出てくるとこれもやりにくい。

甲野先生からの返信ツイート
お世話になりました。奥襟取られてからの、乱気流による崩しは、
よくよく検討してみると影観法もすでに入っていました。さらに検討研究しておきます。

受けていて気付かなかったが『影観法』が入っていたということは、
別方向に向かう気配に騙されていたことになる。
さらに研究されるとさらにわからなくなってしまうが、、、

0 件のコメント: