ページ

2014年2月18日火曜日

目にもとまらぬ

BULINK主催、東京武道館での甲野先生の講座。

最近の甲野先生の剣術は、まさに『目にもとまらぬ』といった感じ。
決して、絶対的な速度が早いのではないが、受けようとしても間に合わないのである。
あのような動きができる人の間合いに入ってはならない。
稽古なので入ったところから始まるのだが、面を打つと予告されて、
こちらは一応面を開けるにしても、僅かに剣を動かせば防げる状態で構えておきながら、
「ポン」(当たっても痛くない柔らかい刀)と叩かれる。
どうにかなりそうなものだが、どうにもならないのである。

最後に受けた『浮木之腿』と『昇雷』(内観で足裏から雷に打たれる状態のこと)を組み合わせた『斬落』、
体のまとまり具合が凄かった。
全体が同時に遊びなく動くというのは、このような動きをさすのだろう。

途中、熱心な青年に剣の質問を受けたが、私が上手く動けなくてもどかしかった。
説明した通りに出来ないのは良くない。
もう少し剣も練習しよう。
その彼は積極的にリクエストをして、その後、先生の剣を受けることが出来ていたので良かった。

他には骨盤をおこしたり、柔術の稽古をしたり、『浮木之腿』についての質問に答えたりしながら、
寄りかからないでいることの重要性を再確認した。

この日は稽古後、色々とお世話になっているMさんに不思議な話を聞いたのだが、長くなりそうなので別に書くことにしよう。

0 件のコメント: