ページ

2016年1月10日日曜日

久々のボルダリング

以前いったのはいつだったか。

あらかじめ決められたコースにしたがって石を掴んでスタートからゴールまでを目指す。
壁やコースによって難易度が異なる。
難易度が高い壁は手前にせりだしていて見るからに掴まりにくそう。
難易度の低い壁の中でも、石の掴みやすさや位置でさらにコースの難易度が調整されている。


せりだしてくる壁ではまた事情が違ってきそうだが、どう立つかで腕に感じる重さは全く変わってくる。
どう掴まるかではなくてどう立つかがポイントだと感じた。


難易度の低い壁で練習していたが、コースが変わると急に難しくなってくる。
久しぶりに筋力頼みの体の使い方をすることになった。
これも技術が上がれば無駄な力が抜けて、私が昇った程度のコースであればスイスイ行けるようになるのだろう。
娘はキッズ向けの壁でやっていたが、前回は手が届かなくていけなかったコースにも行けるようになっている。
体が軽そうでうらやましい。


パパは久しぶりに筋肉痛です。

0 件のコメント: